DTF研究会会則

DTF研究会への入会をご希望の方は、下記の会則を参考にしてください。
ご入会希望などは、事務局へご連絡ください 。

DTF研究会会則

DTF研究会

(目的)

第1条 DTF(デスクトップファクトリー)研究会(以下本研究会という)は、諏訪地域をデスクトップファクトリー(DTF)の情報発信基地・DTFユニットの集約基地に育て上げ産業活性化の基盤を造るため、生産システムのDTFに関する共同研究を行うことを目的とする。

(会員)

第2条 会員は第1条の目的に賛同する企業とし、本研究会の事業には会員企業の誰もが参加出来るものとする。

  1. 会員には正会員と準会員とを設けることが出来る。
    正会員:本研究会の事業に積極的に参画し共同研究を行う会員
    準会員:本研究会の共同研究事業を除き、其の他の事業
    (講演会、DTFweb発信事業等)に参画出来る会員
  2. 会員は年会費として正会員は¥50,000、準会員は¥25,000を納入する。

(アドバイザー)

第3条 本研究に効果的なアドバイスを得るため、大学、研究所等の専門家をアドバイザーとすることが出来る。

(役員)

第4条 本研究会には会長及び必要に応じ副会長をおき、正会員企業の中から総会で選出する。

  1. 本研究会には幹事長及び必要に応じ副幹事長を又、幹事若干名をおき、正会員企業の中から総会で選出する。
  2. 本研究会には必要に応じ顧問をおき、正会員企業の中から総会で選出する。
  3. 役員の任期は2年間とし、再選を妨げないものとする。

(事務局)

第5条 本研究会の事務局は、(財)長野県テクノ財団諏訪テクノレイクサイド地域センター内におく。

(総会)

第6条 総会は会員の2分の1以上の出席(委任状含む)で成立とし、採決は出席者の多数決とする(議長は採決に加わらない)。但し、賛否同数の場合は議長が決定する。

  1. 本総会の議長は会長が務める。
  2. 定期総会は毎年1回開催し、事業計画・報告、会計報告及び重要事項の審議を行う。
  3. 臨時総会は必要に応じ開催することが出来、重要事項の審議を行う。

(幹事会)

第7条 本幹事会は幹事長、副幹事長、幹事により構成して、其の2分の1以上の出席で成立し採決は出席者の多数決とする(議長は採決に加わらない)。但し、賛否同数の場合は議長が決定する。

  1. 本幹事会の議長は幹事長が務める。
  2. 本幹事会は事業計画立案、総会事前審議、緊急事項の審議及び事業運営上の個々の審議事項等の審議を行う。
  3. 幹事長は会長、副会長に適宜幹事会の結果の報告を行う。

(研究事業)

第8条 本研究会は第1条に基づき、地域で造るDTFに関する共同研究開発事業を各正会員のDTFに関する専門家により行う。尚、詳細に関し別途「共同研究開発事業規約」を設ける。

(情報活動事業)

第9条 本研究会は第1条に基づきwebサイトを開設し、DTFに関する情報活動を積極的に行う。尚、詳細に関し別途「情報活動事業規約」を設ける。

(開催場所)

第10条 開催場所は原則として長野県精密工業試験場とする。

(参加者の責務)

第11条 正会員企業の担当者は研究会に必ず出席するよう努力し、都合により欠席する場合は原則として代理者を出席させる。

  1. 代理出席も出来ない場合は事前に事務局へ連絡すること。

(事業年度)

第12条 本研究会の事業年度、会計年度は4月1日より翌年3月31日とする。

(入退会)

第13条 本研究会への入・退会は幹事会の承認を得て行う。

  1. 入会員は入会金を納入することとし、その金額は本研究会の成果等を勘案し幹事会で決定する。

(改廃)

第14条 本会則の改廃は総会の承認を得て行う。

付則
この会則は、平成14年4月1日から施行する。

改正
平成14年7月18日 一部改正(第4条2項、第6条1項、第7条1項)
平成16年8月 5日 第13条2項追加

 

各種書類のダウンロード
DTF研究会入会申込書(PDF)
秘密保持誓約書(PDF)

Get Acrobat ReaderPDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。

Acrobat ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。 詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。
※ご提供するデータは、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性を完全に保証するものではありません。
※これら各種データをご利用になったことによって、生ずる一切の損害についても、責任を負うものではありません。